• 結婚式
  • 指輪

一般的な購入方法

プロポーズをしようと決めた時に購入する婚約指輪や、結婚をしたという証となる結婚指輪ですが、一般的な金額や、指輪に使用されている石はそれぞれ人によって異なります。
しかし、指輪の金額も、贈られる石も、一般的に贈られている物が存在しているのです。

現在、結婚指輪や婚約指輪で贈られる指輪の金額が存在しています。
結婚指輪では10万円ほどで購入することが多くなりますが、婚約指輪となるとその金額は跳ね上がります。
それぞれの収入によっても購入される金額は異なりますが、一般的な金額としては、30万円ほどとなるのです。
この金額の婚約指輪を購入する年代や仕事としては、30代に近い年齢の方や、安定している仕事をしている人となっています。

男性は、結婚指輪も婚約指輪のどちらも購入するため、仕事や収入に見合った指輪を購入することが大切となるのです。

以前から、給料3カ月の指輪を購入するのが一般的、とされてきましたが、現在ではそういった言葉より、仕事や収入に見合った指輪を購入することが一般的となっているのです。

指輪を渡すタイミング

結婚指輪は夫婦二人がペアとなって付ける指輪となりますが、男性が女性のためだけに贈る指輪が存在しています。
それが、婚約指輪です。

婚約指輪は、結婚を決めた男性が結婚をしたいと思っているパートナーの女性に贈る指輪となっています。
主に、プロポーズの際に贈られる指輪となっており、サプライズで贈られています。
婚約指輪は結婚を決意したときに贈られるものですが、いざプロポーズをしようと決めたとき、「いつ婚約指輪を渡せばいいのだろう」と困る男性も多くいます。
ここでは、婚約指輪を渡すタイミングについて紹介していきます。

よくテレビで見る、パートナーの誕生日や交際の記念日、何かのきっかけで女性にプロポーズをし婚約指輪が贈られるのを目にします。
テレビでなくても実際に行われているものでもありますが、一般的なものでは、結婚をすると二人で決意し、顔合わせや食事会などの後に贈られることが多くあるのです。
今では結納をすることは少なくなってきていますが、以前では結納の際に婚約指輪が贈られていました。
それが現在では、顔合わせや食事会の際に贈られることもあるのです。
サプライズで男性から女性に贈られることもありますが、こういったスタイルで贈られることもあるのです。

こういった婚約指輪を贈る時期としては、結婚式をすると決まった半年前に贈られるのがベストな時期とされています。
二人で「結婚をしよう」と決めたのなら、結婚式の半年前には婚約指輪を探し購入することが良い時期となるのです。

今では二人の間で行われることの多い婚約指輪のプレゼントですが、お互いの両親の前で指輪を贈ることで、家族みんなで結婚の約束を誓うことが出来、両親を喜ばせることが出来ることが出来るのです。

婚約指輪は結婚指輪と異なり、結婚をしようと決める一大決心となるイベントになるため、婚約指輪を贈る時期や二人のタイミングを見ることが重要となります。

カレンダー
2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031